患者の数が急増している|便利な腎臓病食の宅配サービス|認可の下りた適切な内容
男性

便利な腎臓病食の宅配サービス|認可の下りた適切な内容

患者の数が急増している

ご飯

病食の基本を知っておく

日本人にはまれな病気と言われた痛風も、近年では30代の男性を中心に急増してきました。痛風予備軍も含めれば、600万人以上はいると言われています。痛風は飽食病とも言われるほど、食生活に大きく影響されます。治療の基本は食事療法にあると言っていいでしょう。食事内容を改善するだけで尿酸値が下がることも少なくないです。痛風を改善する食事の知識を身につけることはとても大事と言えるでしょう。何を食べて何を食べないかも重要ですが、食べ過ぎないことが最も大切です。病食の基本と考えておきましょう。ちなみに、痛風の病食については、今ではインターネットで調べられるようになりました。改善したければ、積極的に情報収集するようにしましょう。

プリン体

痛風を改善するための食事と言うと、プリン体を避けることが最も大事と言われます。しかし、プリン体を避けるのは不可能と言ってもいいぐらい難しいです。プリン体を避けると栄養が偏ってしまう可能性が高まるので注意しましょう。プリン体は全く摂らないようにするのではなく、摂取量に気をつけることが大事です。1日に400mgまでに抑えればOKです。また、調理法にも気をつけましょう。プリン体は水に溶けやすいと言う性質があります。肉や魚に含まれるプリン体は、ゆでたり煮たりすることでかなり減らすことができます。もちろん、ゆで汁は捨て、煮汁は飲まないようにすることです。痛風の病食を作るときは、これを頭に入れておきましょう。